Rin'sPage 函館&佐藤泰志

2002年佐藤泰志を知るも本が絶版で、2005年まで函館に通い佐藤泰志探求をした*りん* (東京在住)のブログ。更新情報はツイッター @rinspage1 にUPします。

佐藤泰志

佐藤泰志が描く出会いは素晴らしい!根底にある思い出

佐藤泰志の小説は、出会いをとても大切に描いています。今回は、さりげない出会いが彼の心に深く影響を与えた事を綴っている、エッセイの一部をご紹介します。 佐藤泰志は國學院大學を1974年に卒業。母校の広報誌1990年10月 「滴」8号に「卒業式の思い出」と…

ディープ函館 笹流ダム&海炭市叙景の川は亀田川!?

佐藤泰志の小説、海炭市叙景に「押切川」がでてきます。 街をまっぷたつに引き裂くように流れている押切川の橋のひとつを渡り、(第一章「裂けた爪」から引用) 「あの川のことだけど」(中略)「押切川よ」「あんなドブ川がどうかしたのか」「十五、六年前に…

オーバーフェンス以外の 職業訓練の物語 (海炭市叙景)

佐藤泰志は32歳の頃、東京から故郷函館に戻り、職業訓練校にて大工になるための訓練をしています。この体験が小説「オーバーフェンス」のモチーフとなり、映画では訓練校の個性豊かな人々を活き活きと描いていました。客席からどっと笑いが起こるユニークな…

福間健二氏 渾身の作「佐藤泰志 そこに彼はいた」 を読んだ

福間健二氏が書いた「佐藤泰志 そこに彼はいた」を読み終えました。400頁を超える力作で、あまりにも深い内容でした。今日はこの本を読み、感じたことを書きます。青字は全てこの本からの引用です。 ************************************* 佐藤泰志について…

「夢見る力」 佐藤泰志と競馬 家族への思い

今日は、小説とエッセイふたつ同じタイトルの「夢見る力」のことや、佐藤泰志と競馬について書きます。 「今、競馬は首都でおこなわれているのだ。そのあいだ海炭市の競馬場は、場外馬券売場になる。(中略)さっき首都からきた飛行機が、海峡側から競馬場す…

そこのみにて光輝く&海炭市叙景 に登場する 墓

明日は佐藤泰志の命日です。今日は、小説にでてくる墓と彼自身が眠る墓について書きます。 彼女は海峡にのぞんでいる山の、町全体を俯瞰できる中腹の共同墓地に両親の墓を建てたがっていた。 小説「そこのみにて光輝く」より引用 そこはなだらかな斜面だった…

1992年 辻仁成が語った佐藤泰志 & 辻作品も函館が登場します

私は辻仁成のフォトエッセイ「函館物語」をきっかけに2002年函館に行き、そこで佐藤泰志を知りました。辻仁成は佐藤泰志と同じ函館西校卒業。中学3年から高校卒業までの4年間を函館で過ごしました。今はパリで、シングルファーザーとして子育てに奮闘してい…

函館のイカ②&佐藤泰志のエッセイ「函館の朝一」

立待岬のフェンス 函館のイカ①&佐藤泰志 イカ釣りをしていた少年時代 - Rin'sPage 函館&佐藤泰志 ①↑ では佐藤泰志が少年時代、イカ釣をしていたエッセイを紹介しましたが、1982年「北海道・旅のメモ」のエッセイ「函館の朝一」にもイカについて記載がありま…

函館のイカ①&佐藤泰志 イカ釣りをしていた少年時代

映画オーバーフェンスでは、主人公:白岩が自転車で函館の海沿い走るシーンが何度もでてきます。佐藤泰志のエッセイには、函館湾で両親が乗る船を見つめながらイカ釣りをした少年時代や、両親の職業に誇りを持っている事が載っています。 「両親は戦後からず…

海炭市叙景を読み、函館山ハイキングに行った

千畳敷見晴所からロープウェイ頂上駅を眺める 佐藤泰志の小説:海炭市叙景に山に触れた文があります。 つつじ山からの夕日 (ここからネタバレ含 未読の方は注意) 「俺は遊歩道のほうから歩いておりる、近道だし、たったこれだけの高さだ、それに子供の頃か…

佐藤泰志少年の読書感想が凄い&函館で鮭の遡上を見た

1965年、佐藤泰志が中学生時代に書いた読書感想文「赤蛙」を読んでが、追想集「きみの鳥はうたえる」に掲載されています。少年らしく混乱している様子も書いてありますが、あまりに深い人生への考察と中学生とは思えぬ文体に、私は驚愕しました。文学に興味…

ディープ函館 臥牛山=函館山は軍事要塞でした

函館山は牛が寝ているように見えるため臥牛山(がぎゅうざん)とも呼ばれています。 函館出身の作家 辻仁成は1992年 「ガギュー」佐藤泰志特集を創刊し「佐藤泰志さんの残した文学的功績が、地方都市函館に蒔いた種の一つである」(創刊にあたって から引用…

ディープ函館 そこのみにて光輝くロケ地 穴間海岸

そこのみにて光輝くで千夏が海を眺めるシーンは穴間海岸で撮影されました。 小説海炭市叙景には 「山の向こうの海水浴場。夏。岩。」第一章「一滴のあこがれ」より引用 と、この海岸を想像させる文があります。 外国人墓地までは観光地ですが、その先の穴間は…

海炭市叙景ロケ地 函館山夜景 定点観測

海炭市叙景は私が最初に読んだ佐藤泰志作品です。 「待った。ただひたすら兄の下山を待ち続けた」(第一章まだ若い廃墟 より引用)から物語が始まり、研ぎ澄まされた文体に一気に引き込まれました。大晦日に兄妹が山頂から、街と日の出を眺める様子が、美し…

函館紅葉スポット マイナーなところも綺麗です

函館の紅葉は、元町公園・五稜郭・教会群・映画オーバーフェンスのロケ地 函館公園などがメジャーですがマイナーだけど素敵!という場所もあります。 2003年2004年に撮影した写真を元に穴場も含めお知らせします。 ハリストス正教会 トラピスチヌ修道院 函館…

オーバーフェンス 秋の函館ロケ地巡りのすすめ

映画パンフレットのロケ地マップをみて、秋の函館も良かったなぁと、10年以上前に撮影した写真を見返しています。皆様、秋のロケ地巡りなどいかがでしょう! 大森浜 2004年秋の夕日 白岩が職業訓練校に通うため、自転車で海岸沿いを通っています。 函館公園 …

オーバーフェンス 函館公園+佐藤作品 読書感想

映画オーバーフェンスでは函館公園の動物園&遊園地がロケ地となり、子供のユーモラスなシーンに観客は皆、笑っていました。 ここは桜も紅葉も綺麗。2004年春に撮影した写真です↓ 下記は2003年に私が書いた、佐藤泰志作品の感想(函館が舞台の作品限定)です…

佐藤泰志原作映画オーバーフェンスを見てブログを始めました

初めまして。りんずぺーじ管理人*りん*と申します。見て下さって感謝です。拙い文章ですがブログを始めた経緯を書きます。 きっかけは 先日9/24に見た 映画 オーバーフェンス。蒼井優さんの演技は、もう圧巻!誰もが、もがきながら生きている事を丁寧に描い…