読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rin'sPage 函館&佐藤泰志

2002年佐藤泰志を知るも本が絶版で、2005年まで函館に通い佐藤泰志探求をした*りん* (東京在住)のブログ。更新情報はツイッター @rinspage1 にUPします。

ディープ函館 笹流ダム&海炭市叙景の川は亀田川!?

佐藤泰志の小説、海炭市叙景に「押切川」がでてきます。 街をまっぷたつに引き裂くように流れている押切川の橋のひとつを渡り、(第一章「裂けた爪」から引用) 「あの川のことだけど」(中略)「押切川よ」「あんなドブ川がどうかしたのか」「十五、六年前に…

函館のイカ②&佐藤泰志のエッセイ「函館の朝一」

立待岬のフェンス 函館のイカ①&佐藤泰志 イカ釣りをしていた少年時代 - Rin'sPage 函館&佐藤泰志 ①↑ では佐藤泰志が少年時代、イカ釣をしていたエッセイを紹介しましたが、1982年「北海道・旅のメモ」のエッセイ「函館の朝一」にもイカについて記載がありま…

函館のイカ①&佐藤泰志 イカ釣りをしていた少年時代

映画オーバーフェンスでは、主人公:白岩が自転車で函館の海沿い走るシーンが何度もでてきます。佐藤泰志のエッセイには、函館湾で両親が乗る船を見つめながらイカ釣りをした少年時代や、両親の職業に誇りを持っている事が載っています。 「両親は戦後からず…

ディープ函館 臥牛山=函館山は軍事要塞でした

函館山は牛が寝ているように見えるため臥牛山(がぎゅうざん)とも呼ばれています。 函館出身の作家 辻仁成は1992年 「ガギュー」佐藤泰志特集を創刊し「佐藤泰志さんの残した文学的功績が、地方都市函館に蒔いた種の一つである」(創刊にあたって から引用…

ディープ函館 そこのみにて光輝くロケ地 穴間海岸

そこのみにて光輝くで千夏が海を眺めるシーンは穴間海岸で撮影されました。 小説海炭市叙景には 「山の向こうの海水浴場。夏。岩。」第一章「一滴のあこがれ」より引用 と、この海岸を想像させる文があります。 外国人墓地までは観光地ですが、その先の穴間は…

海炭市叙景ロケ地 函館山夜景 定点観測

海炭市叙景は私が最初に読んだ佐藤泰志作品です。 「待った。ただひたすら兄の下山を待ち続けた」(第一章まだ若い廃墟 より引用)から物語が始まり、研ぎ澄まされた文体に一気に引き込まれました。大晦日に兄妹が山頂から、街と日の出を眺める様子が、美し…

函館紅葉スポット マイナーなところも綺麗です

函館の紅葉は、元町公園・五稜郭・教会群・映画オーバーフェンスのロケ地 函館公園などがメジャーですがマイナーだけど素敵!という場所もあります。 2003年2004年に撮影した写真を元に穴場も含めお知らせします。 ハリストス正教会 トラピスチヌ修道院 函館…

オーバーフェンス 秋の函館ロケ地巡りのすすめ

映画パンフレットのロケ地マップをみて、秋の函館も良かったなぁと、10年以上前に撮影した写真を見返しています。皆様、秋のロケ地巡りなどいかがでしょう! 大森浜 2004年秋の夕日 白岩が職業訓練校に通うため、自転車で海岸沿いを通っています。 函館公園 …

オーバーフェンス 函館公園+佐藤作品 読書感想

映画オーバーフェンスでは函館公園の動物園&遊園地がロケ地となり、子供のユーモラスなシーンに観客は皆、笑っていました。 ここは桜も紅葉も綺麗。2004年春に撮影した写真です↓ 下記は2003年に私が書いた、佐藤泰志作品の感想(函館が舞台の作品限定)です…