海炭市叙景を読み、函館山ハイキングに行った

千畳敷見晴所からロープウェイ頂上駅を眺める 佐藤泰志の小説:海炭市叙景に山に触れた文があります。 つつじ山からの夕日 (ここからネタバレ含 未読の方は注意) 「俺は遊歩道のほうから歩いておりる、近道だし、たったこれだけの高さだ、それに子供の頃から昼の山は歩きなれている」 「心配するな、一時間かそこらあれ…