読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rin'sPage 函館&佐藤泰志

2002年佐藤泰志を知るも本が絶版で、2005年まで函館に通い佐藤泰志探求をした*りん* (東京在住)のブログ。更新情報はツイッター @rinspage1 にUPします。

佐藤泰志が描く出会いは素晴らしい!根底にある思い出

そこのみにて光輝く 佐藤泰志 オーバーフェンス

佐藤泰志の小説は、出会いをとても大切に描いています。今回は、さりげない出会いが彼の心に深く影響を与えた事を綴っている、エッセイの一部をご紹介します。

 

佐藤泰志國學院大學を1974年に卒業。母校の広報誌1990年10月 「滴」8号に「卒業式の思い出」というエッセイを寄せています。(ジライヤ第6号に掲載有) 卒業式には出席せず、卒業証書だけを取りに行った際の職員について書かれています。

 

「鮮明に覚えているのはそのあとで、私が礼をいって学生課を出ようとした時だ。まあ、待ちなさい、と私はその職員に呼びとめられた。振り返ると、その人は一升瓶と大きなコップを学生課のカウンターに置いて、お祝いに一杯飲んで行きなさい、とおっしゃられた。(中略)  職員はなみなみと酒を注いでくれ、私は飲めない酒を、ふたくちかみくちほどぐいぐい飲んでしまった。職員はそんな私を微笑んで見ておられ、カウンターにコップを戻した私は深々と頭を下げた。『卒業、おめでとう』とその職員はいわれた。」

 

「その後、一人前に酒を飲むようになったが、卒業式のあの一杯ほど、おいしく酒を飲んだことはいまだ一度もないし、学生課のあの職員の『卒業、おめでとう』という暖かいねぎらいの言葉は、心の中に深く根をおろしている。(中略)あの学生課での出来事がなかったら、作家になろうなどという、若く無謀な志を、私は持続できたろうか。そう考えることもできる、みずみずしい思い出の光景なのだ。」

エッセイ 「卒業式の思い出」から引用

 

職員の何気ない誘い、さりげない優しさが、彼に深く影響を与えた事が書かれており、私はこのエッセイを見て、様々な作品で描かれる出会いや、急速に加速していく関係性を描く根底に、この思い出があるのかも?と感じました。

 

 f:id:rinspage:20161011134035j:plain

映画 そこのみにて光輝く ロケ地 十字街

 

小説「そこのみにて光輝く」での達夫と拓児のパチンコ屋での出会いも、ライターをあげるというさりげない事ですが、これをきっかけに千夏とも出会い、加速度を付けて達夫の人生が動いていきます。また「そこのみにて光輝く」の続編「滴る陽のしずくにも」のキーパーソン、松本という男について、下記の記述があります。

「松本は単刀直入で、自信に満ち、人の心に変化を与える力を持っている」

(「滴る陽のしずくにも」から引用)

 

小説オーバーフェンスでも、白岩とさとしが出会い、一晩で急速に関係が深まる様子が、佐藤泰志ならではの端的な文章で書かれています。 

 

多くの友人の話から考えると、佐藤泰志自身は口下手で不器用だったようですが、きっと酒をふるまった職員など、すっと心に入り込む人に彼は大きな魅力を感じていたのでしょうね。彼自身が憧れる魅力的な人や出会いを、小説の中では饒舌に描いたように思います。

 

エッセイを読むと小説とシンクロする部分が多く、彼が何を考えて書いたか、深く考察する事ができます。「卒業式の思い出」が掲載されているジライヤなど同人誌は入手困難ですが、クレイン社「佐藤泰志作品集」河出書房新社佐藤泰志 生の輝きを求めつづけた作家 」は現在入手可能。多彩なエッセイや心のこもった追悼文が読めるのでお勧めです。

ちなみに私、度々本の紹介をしますが、出版社の回し者ではありません(笑)私が佐藤泰志を知った頃は全て絶版で、古本屋と図書館を駆けずり回っていたので、本屋で入手できるようになった今、多くの人が彼の作品を読むといいな!と思って紹介しております。